投資を始める|話を聞くことが大切|投資セミナーに参加して成功へと繋げよう
男の人

話を聞くことが大切|投資セミナーに参加して成功へと繋げよう

投資を始める

紙幣

投資のリスク知る

現在、銀行に預けていても、超低金利のため、ほとんど資産は増えません。そのため、さまざまな投資の商品が紹介され、投資を初めてみたい人も多いことでしょう。しかし、投資にリスクはつきものです。銀行に預金した場合、利益も少ないが、元本が減る危険も少ないので、「ローリスク・ローリターン」といえます。投資では、リターンも高い分、リスクも高くなります。「リスク」といっても、危険というより、「変動」といったほうが適切かもしれません。つまり、株や外貨などは、その価値が常に上下するため、うまく運用しないと利益が少なくなるという意味です。そのリスクを抑える方法の一つとして、投資信託が挙げられます。投資信託は、多数の株や債券を組み合わせた商品で、分散投資によって、変動の幅を抑える効果があります。

利益を上げる工夫をする

投資信託とは、プロの投資家に資金を預け、投資をしてもらうシステムを取ります。個人では、価値の上がりそうな株式や債券を多数組み合わせるのは、大変な苦労ですし、それぞれ手数料がかかります。その労力を省き、最初から組み合わさった商品となっているのが投資信託の特徴です。さらに、最近では買付の手数料が無料のノー・ロードの商品が増えました。また、ネット証券では、手数料が無料であったり、従来よりも安い手数料で投資信託などの商品を売買することができます。手数料が無料ということは、好きなタイミングで売買したり、少額ずつ積み立てることもできます。そうすることによって、ドルコスト・平均法という理論で、効率的に資産運用ができます。